痩せ型なのに二重あご|首が前に出る姿勢とフェイスラインの深い関係

目安時間:約 3分

<スポンサードリンク>

ago

体重は、気にならない痩せ型なのに、二重あごが治らない…。
顔だけ、太っているから?顔が、むくんでいるから?そんな悩ましい、
二重あごの悩みについて、紹介します。

一般的に、「二重あご」の人のイメージは、顔がパンパンになった、
太っている人を想像します。が、二重あごに悩んでいる人は、
太っている人だけではありません。痩せている人でも、長年、
二重あごが治らない人も今、増えているのです。

1つ目の原因は、顎がないことにあります。顎がない人は、
二重あごになりやすいです。バナナマンの日村勇紀さん、
それほど、太っているわけではないですが、顎がないために、
くっきりとした二重あごになってしまっていますよね。

でも、今回フォーカスを当てるのは、顎があるのに、痩せているのに、
二重あごになってしまっている状態の人です。

■痩せているのに、顎もあるのに、何故か二重あご…。

その原因は、猫背、首が前に出る姿勢にあります。
姿勢は、体のラインが変わります。フェイスラインもその、
ラインの1つ。姿勢の悪さが、フェイスラインの悪さに響くのです。

二重あごの人は、年齢よりも、老けて見える傾向にあります。
これは、本来のフェイスラインがボケて、スッキリしないためです。
そのため、女性の方はかなりの確率で二重あごが気になります。

そこで使用するのが、コロコロローラーと呼ばれるマッサージ器。
でも、この二重あごの原因は姿勢にあるものですから、
フェイスラインをコロコロと転がしても、皮膚のたるみや、
二重あごは全く、改善されないのです。

■今、痩せているのに、二重あごの人が急激に増えています。

こういった二重あごの悩みが今、増えている理由は、
ズバリ、インターネットの普及にあると思います。特に近年は、
デスクトップ型のパソコンから、ノートパソコンに主流が変わりつつあります。

ノートパソコンは、画面が自分の顔の位置よりも下に来るので、
机や、台などで調整して高さを出さないと、どうしても、
首が前に出るような姿勢になってしまうのです。

また、スマートフォンの普及も、二重あごの原因になっています。
ガラケーと、スマートフォンを比べても、スマートフォンの方が、
利用する時の姿勢が悪くなると言います。

このまま、このような姿勢を続ければ、二重あごだけではなく、
肩こり、腰痛、背中痛などの痛みの症状が出るのは時間の問題です。

そのような悩みに発展しないためにも、このような姿勢には気を付け、
肩こりなどの予防、二重あごの改善に努めて行きましょう。


<スポンサードリンク>

メッセージはこちらから
よく読まれている記事TOP5
カテゴリーメニュー
検索したい単語を入力↓↓↓
最近の記事
特定電子メール法に基づく表記
サイトマップ
こちらからも検索できます♪