姿勢矯正ベルトの効果がでない!猫背を治す時に意識すべき4つのポイント

目安時間:約 4分

<スポンサードリンク>

stretch1_s

悪い姿勢を治したくて姿勢矯正ベルトを買ったのに
まったく効果が無かったという経験のある方へ質問です。

その姿勢矯正ベルトを身につけて、それに寄りかかって
今までのように悪い姿勢を続けたのですか?

姿勢矯正ベルトは金属で出来ている訳ではないので、
身に付けた後に姿勢を正しくしようとする意識をもっていないと
姿勢矯正ベルトは、ただの下着になってしまいます。

姿勢矯正ベルトは、あくまでも補助であり、姿勢が正しくできているかの
目安ができるように身に付けるものです。

姿勢矯正ベルトに寄りかかっては、意味がありません。

いくら伸縮性のある強いゴムが入っていても、
悪い姿勢に固まってしまった筋肉を引き伸ばしたり、押しあげたりする力は、
微塵もありません。

そもそも、そういう器具に頼りきって、姿勢を直そうとする動機が
他力本願的なため、姿勢矯正ベルトの有効な使い方も
調べなかったのではないでしょうか?。

例えば、ダイエットですが、巷のダイエット食品をいろいろ試しては
痩せないとわかり、また他のダイエット方法を試してみる。
このようにダイエット食品のジプシーをしている間は痩せないでしょう。

本気でダイエットに取り組むなら、
・リバウンドしないダイエットとはどうすれば良いか?
・なぜ痩せにくい体質になったのか?
などを調べれば、ダイエット食品に頼らなくても、痩せることは出来るはずです。

これと同じように言えると思うのですが、姿勢を本気で治したいなら

・姿勢を良くしようとすると、どうして疲れるのか?
・良い姿勢になったら、どういうメリットがあるのか?
・姿勢を治すには、筋トレしたら良いのか?

などを調べていけば、姿勢を良くする方法が見つかってくるはずです。

その上で、姿勢矯正ベルトを使用するのであれば、
すごく役立つ商品だと思います。

一言で、正しい姿勢といっても、イメージだけで捉えて
勘違いしている人が多く、返って腰を痛めたりする人もいます。

そこで猫背を治して正しい姿勢になるための4つのポイントを紹介します。

1.どんなに背筋を伸ばしても、ウエストや腰は絶対に反らさないこと。

2.顎を引いて、耳の位置が肩と同じラインになるように意識する

3.肩を骨盤の上に乗せるように意識する

4.肋骨を1センチ前に出すように意識する

一番目に注意事項を書きましたが、腰の反り過ぎは
腰痛に繋がります。くれぐれも注意してください。

4つを一度に意識するのが難しい人は、まずは、2番めの顎と耳の位置を
意識してください。

顎が前に出る癖が改善されて意識しなくても正しい位置にあるようなら
次は3番の肩の位置を意識してください。

この時、背筋を伸ばす意識は必要ありません。
ただ、肩の位置を後ろに引くようにして、肩が骨盤と同じ位置に
あると思うところまで肩の位置をずらしていくだけです。

肩の位置の意識に慣れてきたら、4番の肋骨を前に出すように意識してください。

正しい姿勢が楽になるまでの期間は、悪い姿勢であった期間に比例すると
思って間違いありません。

悪い姿勢が長ければ長いほど、
上記の4つの意識になれるのも時間が掛かると思います。
もし、少しでも早く猫背を治したいと思うならば、
軽いストレッチを取り入れるとまた違ってきます。

一度、正しい姿勢が身についたなら、あなたは一生
姿勢で悩むことはなくなりますので、ぜひ続けてほしいと思います。


<スポンサードリンク>

この記事に関連する記事一覧

メッセージはこちらから
よく読まれている記事TOP5
カテゴリーメニュー
検索したい単語を入力↓↓↓
最近の記事
特定電子メール法に基づく表記
サイトマップ
こちらからも検索できます♪